ニキビ予防に良い成分ビタミンC誘導体

title
ニキビ予防やできたニキビにも効果的なビタミンC誘導体を紹介します!

ルナメアAC

ニキビ予防に抜群の効果!ビタミンC誘導体

ニキビケア化粧品の多くに配合されているビタミンC誘導体といった美容成分があります。これはLーアスコルビン酸といった物質でコラーゲン生成からニキビによる肌の色素沈着を防ぐ効果や美白、皮脂を抑制するといった働きがあります。この成分を補給すればニキビを予防したい人、できてしまったニキビを早く治したい人も効果が高いとされています。同時に角質除去成分と合わせることでより効果実感を高めることもできます。主に化粧品の表記ではビタミンC誘導体と書かれていない場合もありますので注意が必要となります。主にアスコルビンと表記されていればビタミンC誘導体となるので覚えておくと便利です。


ビタミンC誘導体の種類

ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、細胞のダメージを修復してくれるエイジングケア成分としても活用することができます。食べ物からビタミンCは摂取することは容易にできますが、外部からビタミンCを摂取するのは実はとても大変。ビタミンCはデリケートな美容成分のため、空気に触れるだけで、酸化して効果が弱まってしまいます。そのビタミンCを肌に吸収されやすい形に整えたのがビタミンC誘導体となります。

人間に皮膚との相性も考えて作られ、様々な肌トラブルに高い期待をもつことができます。種類には水溶性タイプ・油溶性タイプ・APPSと呼ばれるものがあります。


水溶性ビタミンC 油溶性ビタミンC
■メリット
即効性があり、イオン導入などによる浸透がしやすく、肌の奥深くまで浸透してくれる特徴を持ちます。
■デメリット
肌が乾燥しやすく、敏感肌などの肌が弱い方には刺激となる可能性があります。
■メリット
持続性が高いです。また肌が弱い人でも使いやすい低刺激タイプ。保湿性も高く、肌への安定性も高いのが特徴のビタミンCです。
■デメリット
水溶性とは違いイオン導入では浸透させることができません。脂質性があるため、ニキビができやすくなる人もいる。
新型APPSなら両方のメリットが取れる!

新型ビタミンCであるAPPSでは水溶性&油溶性の良い部分を結合したハイブリットタイプとなっています。イオン導入なくして、浸透力は従来の約100倍となり、肌の奥深くまで浸透。さらに刺激性も低いので、ビタミンC誘導体を選ぶならAPPSを採用した化粧水などの方が、今ではメリットが多くあります。


甘いものや脂っぽい食べ物はニキビができる原因になる!
食事はニキビができやすい食事などがあります。ニキビ予防するためには食事にも気を使いましょう。
4月の肌荒れ・ニキビは花粉症が原因の場合がある!
花粉って気づかない内に肌に影響を与えています。花粉による肌荒れ対策をピックアップ!